Entries

勉強会&京都水族館!

はいどうも!ちゃんぽんです!

秋ですねー、完全に秋の気配漂わせてますねー
s-20140923_131736.jpg
彼岸花みつけましたもんね
いろんな俗名をもつこの花ですが単純に見た目綺麗なんで好きです!
田舎では田んぼのまわりにぐるーっと咲き出して
それをみると秋やなぁと感じたものです。
最近よんだ植物に関する文献によると彼岸花自体はどんなに花を咲かせても
種子をつくることは一切なく、地下茎というかランナーみたいなもので増えていくらしいです。
それでもその花を咲かす、まあ無意味とはいいませんが儚さがまた、良いんですよね・・・!
ちなみに毒があるので食べられません^^;
不吉と思うも、綺麗とおもうもその人次第♪



s-1411003249170.jpg
さてさて!
シーナ氏もちょっと記事にかいておりましたが
先週はお休み返上にて勉強会の方へ参加してまいりました!
ひじょーーーに(非常に)タメになる勉強会でしてまたぜひとも参加したいなあと
思える内容でございました。

水棲カメ、メーカー商品説明、バクテリアについての講習等々でしたが
カメについてはとくに興味深い内容でしたね。

その中で、もっともっと世間の方に浸透してほしい知識や認識としては
カメは犬や猫同様に人の顔を覚えたりして飼い主を認識し
物をくわえて遊んだり、個体によってはハムスターのあのくるくるまわる運動器(言い方わかりませんすみません)
で遊ぶ様子も確認されているそうで、おまけに寿命も長いですし
いわゆるペットとしての立ち位置がもっと向上していってもいい生き物であるということでした。
今でも愛情たっぷりで育てておられる方はもちろんおられますが
ミドリガメの輸入禁止措置などにもよりますように捨てられたりするような事例が
まだまだ多くみられているのが現状です。

その丈夫さゆえ、
悲惨な飼育法によりみるのも痛々しい様子になったカメもみられましたし
その写真を多数みせていただきました。
カメの飲み水はその飼育水であることも知っておいてもらいたいところですよね。

昔からペット的に飼われているカメ。
もっとかわいがって、もっと大事にしてあげましょう!!(^O^)



そうそう!
これはプライベートでしたが京都水族館へやっとこさ行ってきました。
初めてです^^

s-20140923_111349.jpg
大水槽!これは見せ方がすごい計算されてるなーと
感じましたよ。光の入り方とかもぜんぶ計算されてのことなんだろうなーと。
魚の量もしっかり!みてて飽きませんね

s-20140923_104321.jpg
これは入口のテラリウム&日本淡水魚の展示。
広々と飼われていて魚も気持ちよさそうでしたねー。
やっぱりしたたる水、植物の組み合わせは絶対癒しです。
霧発生器もあるのとないのでは雰囲気作りに大きな差がでますね。

s-20140923_114104.jpg
海水魚たちの餌への食いつきの良さ!
いわゆる粒餌・ペレット、冷凍エビ、魚の切り身なんかが
まじって与えられているようでした。
この数でこれだけ食いついてくれるとあげてるほうも面白いだろうなーと。
僕がみている限りくいっぱぐれている個体もいなくて健康的でした!
ライティングもすこし青が入っているようなライトでデバスズメもいつも以上に
綺麗にみえましたね。さすが。

s-20140923_113043.jpg
わりとこのタイプの水槽で生き物を飼育・展示している姿が
みられましたねー。6個くらいあったとおもいます。
へえーと思ったのは、設備的にオーバーフローなどではないので
エーハイム一機でまわしているところですかね。
こういうの見ると面白いなーと思います。
水槽サイズ的には40~50キューブ。
カエルアンコウXLサイズ、チンアナゴ達、ハマクマとイソギン
これらすべてエーハイム一機でした。内径12mmがINとOUTのやつですね。

s-20140923_120100.jpg
最後はイルカのショーをみながら
もちもち生地のクラゲ型パンをお茶と頬張りながら。
ちょっと甘いのが苦手な僕ですが美味しいし可愛い!

いろんな人の想いとか発想がつまった水族館だなーと感心致しました。
ひさびさまた海遊館にも行きたくなりましたね♪



では今週はこのへんでドロンでございます!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aquaawajiya.blog121.fc2.com/tb.php/1050-176a2693

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

当店ホームページ

検索フォーム