Entries

今日はヒーターとバケツ褒めますよ

はいどうも!焼肉大好きちゃんぽんです!
s-1412081247724.jpg
ででーん!
先日はちょっとした打ち上げで焼肉。
いやー焼肉とビール、たまりませんね。ええ肉頂きましたm(_ _)m



とまあ私事はそれくらいにして
今日はテラリウムのメンテナンスへ行って参りました。
s-1412665259657.jpg
以前貝の処理に、といれた小さいクラウンローチが
大きくなりすぎて餌を探す時にソイルを掘り起こして水槽を濁らせてしまうので
外す作業・・・入り組んだ流木の中から魚をすくいだすというのは
なかなかテクニックのいるものでしたー^^;
でもこれで透明度が上がればオールオッケー◎




GEXさんの ヒーターNAVI各サイズ 入荷しております。

s-20141003_171527.jpg
こちらの商品、パッケージでは少しわかりにくいのですがすごく革命的です。

まずはご存知の方も多いと思いますがSH規格品でありまして
それは何かと申しますとヒーターの表面温度が紙が燃えない温度までしかあがらない
設計になってますよ、って亊です。うっかり外にでてしまっても火事の原因に非常になりにくい。
まあ実際には400℃以下という表現になってしまいますが
水を温めるのにそれ以上の温度はいりませんもんね。
そしてヒーターカバーが付属してきます。つけようかなーどうしようかなーと迷うことは
これからはなくなってくるとおもいます。

で、表面温度は上記の通りなんですが
以前からの商品であればもし電源を入れたまま空気中にでてしまったときは
ヒーター自身が「キケン!」と感知してヒューズがとんでしまって
そうなれば買い直し・・・となっていたわけです、まあ安全の方を優先に考えるとすれば良い案なんですけど
水換えしててうっかり空気中にでてしまって変なニオイするなと思ったらヒューズが飛んでしまってた
なんて亊よくありました。

でもこちらのNAVIは、うっかり外にでてしまったときには
それを感知して表面温度を更に下げる行動を行います。
そしてそのあとまた水中に入ると元通りのヒーターの働きをしてくれます。
メーカー講習会では通電したまま空気中にでたときの商品を触らせてもらいましたが
ほんわか暖かい程度。火傷するってもんでもありませんでした。

て、ここまで書いておいて余計にわかりにくいな・・・と感じましたので良いところだけ。

・空気中にでても熱くないし、また再復帰して使える。縦置き使用もOK!
・水草レイアウト等をしていても縦置きに追加できるのでわざわざ後ろに潜り込ませて草をなぎ倒して・・なんて心配なし!
・なんとコントローラー部分も防滴処理!
・商品の出来上がりの不良管理は全て人の手によるものです。


このヒーターの普及はどんどん高くなるとおもいます!
実際の商品は店頭にてご覧くださいませーー♪



そしてタイトルにもありますように今回はバケツも褒めますよ
デルフィスさんから発売されてますアクアリウム専用バケツ。

で、褒める!といったしょっぱなからなんですが
このバケツ、正直ちょっと高いんですよね・・・
バケツなのに千円以上。でもたかがバケツ、されどバケツなんです。
きっと一家に一個必要!

s-20141007_164643.jpg
まず外観ですよね
クリアボディです。どこまで入ってるか一目瞭然。
これ便利です。あと13Lって容量がいいんです。
10L換算で使う商品もちまたには多いんですけど
市販の10Lバケツでそれやっちゃうとタプタプで持ち上げた途端こぼしちゃうっていう、ね

s-20141007_164651.jpg
あとこのちょっと突きでた注ぎ口。
これがあるのとないのでは大きく違うんですよ
中に何かいれたあと流し込むときの便利さが!
片手でバケツもって水槽に水を注ぐときもこれの有る無しでは
床への水濡れダメージも大幅に軽減されます。(体験済み

s-20141007_164720.jpg
で、取手が頑丈につくってあるのも売りなんですけど
(弱い取手ですと水をいっぱいいれたまま
取手をつかんだらそのまま取手の端が壊れて中身をぶちまけることがまれにあります。)

この根元にあるホースさしたり水合わせの時にエアチューブさしこんどく穴の存在ですよね
外からエアひっぱってきてバケツ内でエアストーンなんかでエアレーションしてるときは
なんかあってもこの穴で止まりますからね
すごい優秀。

s-20141007_164828.jpg
底部にあるこのひっかかりも意外に使うんですよね
普通のバケツにはなかなかついていません

s-20141007_164812.jpg
あとこれ中からみえる水量の目盛なんですが・・
ちょっと写真でみえにくいですかね・・・
2L、5L、10L、13Lと小刻みにはいってる量を確認できます
さすがアクアリウム用バケツ
ニクいところをすごい凝縮させて詰めに詰めこんでますよホント




これ使っていきますとね
もうほかのバケツでは物足らなくなってきますよ!絶対!

ほらなんか使ってみたくなってきてる方も多いはず!!
実物ももちろん店頭にありますので触ってみてくださいね♪

こんなにバケツを褒める人間は早々いないんじゃないか・・
と自己満足しつつ

今日はこのへんでドロンでございます!!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aquaawajiya.blog121.fc2.com/tb.php/1056-2788ea2b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

当店ホームページ

検索フォーム