Entries

海水水槽専用の、濃度計入荷!!

どうも!食欲の秋は満喫中、
読書の秋(もっぱら漫画)も満喫中、
そしてスポーツの秋は華麗にスルー!
だって、たべて漫画読んでたら運動できませんものね!
ご存知、体重増加中のちゃんぽんです!




さて、まあ自虐話はさておいて・・・

あらためて必要性を感じる海水水槽の屈折濃度・比重計のご紹介でっす

レッドシー「シーウォーターリフレクトメーター」
s-20141111_123343.jpg
これは以前から言われていることなのですが
海水生体飼育のときに必要となる
「塩分濃度」と「比重」は似ているようで、一緒ではありません。
ennbunn.jpg

濃度は単純に溶かした分の値で水温による影響がないのに対して
比重は水温により影響を受けてしまいます。

こちらの商品では比重と濃度を同時に計ることができるのはもちろんの亊、
似たようなほかの商品と違うところというのが
海水水槽を普段稼働させるであろう
25℃で計測する値に自動補正してくれるという良品!

(しかも±10℃くらいなら25℃で使用するときの濃度、比重に自動補正してくれます)

今まで計っていた数値は実は違っていたものかもしれませんよ・・・??

サンゴが育たないとか、なかなかうまくいかないとお悩みの方に
初歩的な話ではありますが
もう一度基本的な「塩分濃度」という観点の飼育スタイルの確認をしてみましょう!!
比重がすこし違うだけでもそれに準じて海水中のマグネシウムやカルシウム濃度も
すくなってしまいますからね!

計測するときも浮力による比重計のように
ふわふわと矢印がとまるのをいちいち待ったり
泡がついているか確認しなくていいので
ストレスも無しです^^
ここもポイント




下の記事でもご紹介させていただいておりますが
s-20141107_191716.jpg
ベタ・プラガット 大阪のブリーダーさんからの入荷してます。

s-20141107_191721.jpg
売れ行き好調!お早めに!




先日お客様のご自宅へ
訪問させて頂いたときに、以前購入されたヒレナガハギが
立派にそだっていてついつい写真をとってしまいましたー
s-20141103_165809.jpg
といっても携帯のカメラではなかなか撮れてなかったですね・・・
ブレブレ・・・

s-20141103_165816.jpg
販売させて頂いたときは4cmくらいだった個体が
手のひらサイズに!!
嬉しい限りですよねーーー
ほかのクマノミたちも元気そうで安心しました♪



では今週はこのへんでドロンでございます!!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aquaawajiya.blog121.fc2.com/tb.php/1073-a223ad93

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

当店ホームページ

検索フォーム