Entries

ベタの飼育シーズン

どうもシーナです。
ここんとこもうひとつの趣味の筋トレが熱はいりすぎて筋肉痛です。
ほどほどにしないと仕事にも影響が・・・・・・。

さて今回あったかくなってきましたのでベタなんか飼いやすくなってきますね。
という事でベタ入りましたので紹介します。、
pureko (8)
ベタ ハーフムーン ヤング個体
まだまだ大きくなっていく楽しみの詰まった個体です
下のもそうです

pureko (5)
ベタ プラカット ハーフムーン ブラック 1点もの
綺麗なブラックです
プラカットなのでヒレは短いですが、ハーフムーンなので半円に開いて、意外と大きく見えます
綺麗な個体です
pureko (7)

どの個体もしっかり餌食べてます
赤虫、グロウシリーズなど人工の餌なんかもよく食べてます。

pureko (6)

ここでひとつ商品紹介
ベタの容器の中のこのbeta (4)
白い奴
この白い物体が実は小型容器のフィルターみたいな役目を果たしてくれています
beta (1)
その正体はリバースグレインというろ過材です
このろ過材ただのろ過材ではありません
通常のろ過材はそこにバクテリアが住み着いて初めてろ過材としての効果が出て来ます
つまりろ過材とはバクテリアの家みたいなものです
しかしバクテリアが定着するまでは時間がかかってしまいます
そこでこのリバース
このろ過材はアルミナという物質を使ったろ過材でいろんなものを吸着して封印してくれます。
餌や糞から出るアンモニアや亜硝酸なんかも吸着してくれます。
通常のろ過材はバクテリアが住み着いてそこからようやくアンモニア、亜硝酸なんかを分解してくれます。
リバースはバクテリアが定着するまでの3ヶ月間そういった有害なものを含む栄養素を吸着してくれる。
すぐに効果が出るろ過材なのです。
今回はそのろ過材をベタの小型容器に入れます。
ベタが出した食べ残し、や糞からでるアンモニアを吸着して、すみやすい水に変えてくれます
写真のリバースはグレインソフトでbeta (2)
1袋で60リットル処理してくれます
60センチ水槽1杯分です
小型のビンなら少し入れたとしてもだいぶ持ちます
1ヶ月程度でビンの中の水と一緒にリバースも交換していただけると理想です。
(餌とかの加減で水換えのスパンは変わってきますので一概にはいえませんが)
小型容器でのベタ飼育お考えなら一度相談して頂けるともっと詳しくお話できると思いますので、是非


beta (3)
他にもこのような効果が期待できます
完全に熱帯魚向けの水質にあわせてくれます
今までのろ過材をちょっと変えてみてはいかかがですか?

pureko (3)
スーパーブラックドラゴンスター
pureko (2)
メガクラウンゼブラ
pureko (9)
オリノコゼブラ
pureko (4)
コリドラス ビコロール ショートノーズ
等の新着熱帯魚もしっかり状態上げていきますので是非

s-DSC_0709.jpg
小型30センチそのままお持ち帰り水槽新しく立ち上がってます
s-DSC_0708.jpg
今回はクロカクレことホワイトチップアネモネ
を泳がせてます
少し違った印象です
実際にはカウレクマノミではなくトウアカクマノミですが、柄がカクレに似てます


pureko (1)
それと今回こちらのテラリウム水槽も納品日が近くなってきてます。
綺麗に仕上がって来てますね。
こちらの水槽のようにお客様のご要望にお答えした水槽なんかも作れますので是非

ではではシーナでした
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aquaawajiya.blog121.fc2.com/tb.php/1286-18d84549

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

当店ホームページ

検索フォーム