Entries

水草もできる限り更新!?

どうもシーナです。
桜満開ですね。
花見したいですなー。
花見という大義名分で昼間っから酔っぱらいたいもんです。
来週まで見ごろらしいのでいきたいもんですな。

さて今回から新しく水草も新着更新していきたいと思います。
まあ僕が勝手に更新していくので、できる限りというかたちになっていきますが、やっていきたいと思います。
それでは
ミクロソリウム ウェンディロブ
dassenn (2)
ミクロソリウムというシダの仲間です。
流木なんかに活着(くっつく)してくれるのでレイアウトでいうと中景に使いやすい。
根っこからの養分にたよらないので流木にモスコットン(流木にくっつける専用の糸)なんか使って軽く縛った状態で沈めるか、
レイアウト次第でポットごと沈めるのもアリです
意外に金魚に食べられにくいので金魚のお客様に好評です。
成長がゆっくりなので成長早い草との組み合わせでコケがつきにくかったりします。
(水槽内の栄養の関係と照明時間によって変わってはきます)
ウェエンディロブは葉先が分かれているのが特徴です。
レイアウトのワンポイントにぜひ。

ルドウィジア グランデュローサ
dassenn (6)
これまだ水上の葉っぱですのでここからガラッと姿変わります。
大概水草は水上で管理されていたりするので、僕らに回ってくるのも水上葉
そこから僕らのところか、お客様のところで水中葉に変わっていきます。
なので写真は結構姿変わってきますのでご注意を
大きく姿は変わらないのがほとんどですが、中にはガラッと変わるやつもいます
このルドウィジアて言う草はトリミング次第で(はさみでのカットでそれ専用のはさみもあります)
中景から後景まで結構使えます
赤くなる種類が多いですが、特にこの草はレッドルブラという学名がついていますので赤くなります。
水中葉になっていく過程で色も環境次第でどんどん赤くなっていきますのでおもろいです。
ちなみにシーナはルドの仲間は結構レイアウトに使いますし、一時集めまくっていました
コレクション欲高ぶる種類の豊富さです
是非

レッドリーフバコバ
dassenn (8)
こちらも写真は水上葉
バコバという名前がついてますが、実はロタラの仲間(水草知っている方なら、ピンときます)
ロタラ マクランドラという名前がついてます
ややこしい
こういう罠
水草の世界は結構あります
水中葉は大変美しくて、昔から有名ですね。
是非チャレンジしてみてください。後景向きです

ロタラ ワリッキー (リスノシッポ)
dassenn (7)
この水草もロタラです
写真は割と水中葉に近いです
別名で」リスノシッポです
まだまだもっと綺麗になります
ほんとに細かい葉っぱ出しますので後景に植えると遠近感が出て水槽内が広く感じられたりします。
水草で視覚効果狙ったレイアウトできたら1歩上級者ですね。
リスノシッポはシーナも経験済みで水中葉はめちゃ綺麗です。
フル装備(CO2キットと草がしっかり育つライト)で水替えした直後なんかは気泡出しまくりますのでずっと見とれてしまいました。
後景向きです

ラージパールグラス
pogo (3)
少し写真は水中葉向きですね
こいつも気泡めっちゃ出しますね
それで色も明るめなので水槽内華やかになります。
後景から中景向きです
細かい葉っぱは様々なレイアウトに向きます

ここまでが新入荷の水草です
ここからは当店自家産の水草を紹介します。
自家産水草のメリットは農薬の使用がないのでエビに安心
水中葉展開しているので本来の姿が分かるのでレイアウトしやすい
水中葉展開なので水槽内での成長が早い
なんかのメリットがありますので


ブリクサ ショートリーフ
dassenn (1)
pogo (2)
結構こんもりとした木みたいな草ですが、一応有茎草です
中景ずくりが簡単にできる水草なのでレイアウト初めての方でも扱いやすい
かなりのボリュームです
当店人気です

オランダプラント ダッセン
pogo (5)
こちらも水中葉が非常に美しい水草です
細かい葉っぱです
こちら1株のみの販売になってます

ハイグロフィラ ピンナティフィダ
dassenn (3)
非常に強い草ハイグロフィラの仲間です
結構どんな環境でも適応してくれますので、非常に扱いやすい
子のピンナティフィダ種に限ったらライトの明るさなどで赤くなったりもします。
(おそらくある特定の栄養素も関係してるかも・・・・・)
それとこの草は直接植えても育ちますが、冒頭で説明したミクロソリウムみたいに活着もするのです。
石や流木の際に植えとくといつのまにか、新芽が絡んでいたりもしておもろいです
dassenn (4)
当店水草コーナー隣の60センチ水槽に植わっています。
かなり育ってきています
使い方次第で前景~後景まで幅広く使えますので是非

という感じで水草紹介していきましたが、設備や環境によって育ちがそれぞれことなりますので
是非相談してください
前景草(芝生みたいになるような草)はCO2キットと草がしっかり育つ波長を出してるライトこの2つがないと非常に難しいです。
てか普通に無理です。
しんどいです。
他にも今回紹介した草たちもこの2つがそろっていると成長の仕方なんかも大きく違ってきますので
オススメです
こんな形でできる限り紹介していきたいと思いますのでではでは
シーナでした

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aquaawajiya.blog121.fc2.com/tb.php/1292-aa6df924

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

当店ホームページ

検索フォーム