Entries

梅雨時に向けて

どうもシーナです。
完全に風邪ひいちゃいました。
声が変わってます。
これまで接してきたお客様に大変申し訳ないです。
不快な声で
もうメチャメチャ変わってますよ
スピードワゴンの小沢さんですよ声が
今なら小沢さんのモノマネめっちゃうまいですよ
「イエスの生まれた日にノーは言わせない」
「恋ができるなら失恋したってかまわない」
とかいろんなフレーズが頭から離れない状態です。
徐々に回復してこのブログ書いてる今は元の声に戻りつつあります。
体調管理徹底します


さてこれから梅雨の季節がやってきますね
そういう時大概水換えたら魚の調子崩しますよね
病気になったとか
梅雨時期でなくても
大きくみずかえした後の魚の不調って多いと思います
まずはこまめに魚にショックを与えないみずかえ
これに尽きると思います
PHしっかり測ってやるのもそういう意味があると思います
もし大きくみずかえする場合はアフターケアが大事です。
ンいむふぁ (22)
たとえば水草が入っていない水槽ならそういう時期だけアクアリウムソルトを使う。
水1リットルに対して5gで約0.5パーセント
最大でこのくらい入れてみる
浸透圧調整が魚は楽になりますので負担が少なくなります
そのあとはいつも通りの水替えで少しずつ塩分薄めていったらいいと思います
ンいむふぁ (20)
あとはメチレンブルー
古代魚、うろこのない魚には量だけ気を付けてあげてください。
これを規定量の半分ぐらい入れてあげる。
白点予防に効果的
ンいむふぁ (19)
こんな感じで青く染まります
これは入れすぎかも
そんな時は
ンいむふぁ (23)
活性炭
これで色も取れます。
色取れたら活性炭も出してあげましょう
たまに入れっぱなしで忘れてほうちしてて吸着限界超えてしまっている状態があるので
それから
ンいむふぁ (21)
浄水機
これを使っての水替えもいいですね
うしろのROキットは別として
NAウォーターなどの浄水器はカルキはもちろん重金属などの悪影響な物質もとってくれます
カルキ抜きや重金属の抑える薬品もいいですが、中和してるので無害ですけど、別の何かが水槽中に残ります。
それがコケに回ったりもするので
浄水機通して最初からとってしまえば、カルキ抜き入れる必要性もなくなるので結果としてはランニングコストも抑えられます。
シーナの自宅はもちろん、店も使ってます。
カルキの量も1年中一定ではないと思いますので、カルキ抜きの量の変えていかなくては本来ならないのでは?
多少入れすぎても害は少ないといっても、水槽中に薬品を入れる
しかも量があやふや
このことに違和感を感じて僕自身も買いました。
結構カートリッジも持ちますし(2年ぐらいつかうりょうにもかわってきます)、塩素チェッカーで月1検査します。
魚の負担これだけでも変わります。

あくまでも予防策なので参考にしていただけたらと思います。
これだけでも守れる命が増えるといいですね
ではではシーナでした
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aquaawajiya.blog121.fc2.com/tb.php/1313-1fcf9764

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

当店ホームページ

検索フォーム