Entries

レオパ仕上がっています

どうもシーナです。
店のレオパ達がだいぶえさも食べて安定してきたのでお伝えします
かれこれ1月ぐらいいますが、1回り大きくなってます
餌も安定して食べてくれてます。
もう全然大丈夫でしょう
2回ぐらい脱皮もしています
reopa (3)
ハイイエローの黒縁もしっかり出てきています
店の飼育スタイルは
reopa (5)
シンプル
ウェットシェルターと水入れとちょっとした石
床材はキッチンペーパー
餌は今話題のレオパゲル
とコオロギ

レオパゲルは最初は半信半疑
ほんとに食べるの?
という感じでしたがメーカーが5年もの歳月をかけて研究した商品なので
しっかりしてました
すぐに食べてくれました
ええ感じです
メーカーいわくゲルだけでも飼っていけるみたいです
店ではコオロギ(カルシウムまぶした)とゲルと一緒にあげてます
両方いける個体です
1日食べる分だけたべさせて糞の確認して食べれそうならまた与えてを繰り返します

1番大事な温度はケースの半分だけパネルヒーター
ひいてます
理由としては寒くなったらヒーターのほうに勝手に行きますし、暑かったら冷たいほうにいけるようにします
熱帯魚みたいに全体全部暖めないといけないわけではないので簡単です
あとその個体がずっとその場所にいるようであればケースが暑すぎる、寒すぎるが分かりやすいです
基本は30度くらいの場所をケースの半分ぐらいは作ってあげましょう


それとreopa (4)
ウェットシェルター
これが案外大事
脱皮のときある程度の湿度がないとうまく脱皮できない
湿度大事です
濡れたウェットティッシュか硬く絞ったミズゴケ
で大丈夫です

あと水入れ
これもできれば体が丸々入るくらいの大きさですね
湿度の補給にもなるし

という感じで飼っていただくスタイルも

ただ全長15センチ超えたくらいから砂ひいて60センチくらいのケースでガッツリ木や石でレイアウトするのもありです
小さいうちは状態が観察しやすい、砂の誤飲等もないシンプルなスタイル
大きくなってからは砂も飲んでも排出されますし
案外木にも登ったりしたり立体活動もします
なので大きくなってからは60センチくらいでのケージがオススメです

という感じでおもろく飼えますので是非
シーナでした





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aquaawajiya.blog121.fc2.com/tb.php/1468-6e295ca3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

当店ホームページ

検索フォーム