Entries

TELL IT TO THE  VOLCANO

P3180240a.jpg


こんにちは~金曜日担当のイナカミチです^^
いやぁ~、中々暖かくならないですねぇ~
南の方で、春が足踏みしてるみたい。
本日も天気予報じゃ、曇り時々雨・・・
下がるよねぇ~
でも、朝の時点ではいい天気じゃないかっ!
それじゃ、今行くしか無いっ!
珍しく、早めに身支度を済ませて、サンポGO~!


P3180206a.jpg


昔々、約2000万年前の事です。
今の奈良と大阪の境目で大噴火があり,そこに火山ができました。
その火山は、約600万年活動して、やがて死んでしまいました。
その火山には、雄岳と雌岳と云われる二つの頂上がありました。
その雄岳と雌岳の間に日が沈む様子から神聖な山と崇められました。
その死火山は二上山(にじょうざん)と呼ばれるようになりました・・・

P3180006aa.jpg


前にも載せた二上山ですが・・・
今日はこの二上山の北側にある、この山が火山だった証の場所にやって来ました。

P3180168a.jpg


どんづるぼう・・・漢字で書くと屯鶴峯。
なんとも変な名前ですねぇ~
二上山の火山活動により火山岩屑が沈積し、その後の隆起によって凝灰岩が露出し、
1500万年間の風化・浸食を経てこんな感じになったんだそうな。
サヌカイトやザクロ石閃緑岩などの岩石が採れるそうです。
アクアリスト(特にアジアアロワナ好き)なら知ってる、ガーネットストーンが採れるんですねぇ~
では、そんな屯鶴峯をいざ探検!

P3180010a.jpg


P3180017a.jpg


P3180028a.jpg


P3180037a.jpg


P3180043a.jpg


P3180058a.jpg


P3180105a.jpg


いやぁ~、変わってるでしょう?
道があったり、無かったり。
とても歩きにくいです。
30分ほど上がったり、下がったりしてると、もう足はプルプル・・・
ヒザは止めて!止めて!の大合唱^^
そんな時に発見したのが上の写真。
奇妙な建物が・・・
この屯鶴峯には第二次世界大戦中に造られた複雑な防空壕があるそうな。
本土決戦を目前にした陸軍が航空部隊・航空総軍の戦闘司令所として建設されたもので、
二つの壕に分かれてるんだって。
またこの防空壕を造るために多くの朝鮮人が強制労働させられ多くの死者がでたんだって。
悲しい場所でもあるんですね。
で、この建物は防空壕の一部を利用して、
京都大学防災研究所附属地震予知研究センター屯鶴峯観測所として使用されてて、
地震予知研究計画の一環として地殻変動の連続観測がされているんだって。
全く知らない事だらけです。
なかの防空壕・・・入ってみたいねぇ~


P3180121a.jpg


P3180137a.jpg


P3180159a.jpg


P3180100a.jpg


P3180096a.jpg


P3180077a.jpg


P3180080a.jpg


P3180079a.jpg


P3180062a.jpg


昔は、特撮物なんかの撮影に使われたりしてました。
バロムワンとか、キカイダーとかにぴったりでしょ?
後で知りましたが、ここ、心霊スポットとしても有名だったんですね・・・
平日という事もあり、誰も居ない・・・
国定公園を独り占めだぁ~なんて思ってたのに・・・・・!


P3180253a.jpg


P3180233a.jpg


P3180217a.jpg


P3180270a.jpg


古い物はだんだん朽ちてゆくね~
古い信号機の残骸がありました。
信号機もどんどんLEDに変わって行くんですね。
変わるって事は、前のものが無くなって行く事なんですね。
今日行った屯鶴峯も年々風化していきます。
僕が子供の頃に来た時よりも、ずい分と、無くなってしまっているんですね。
防空壕の話も忘れ去られると、お化けも、消えて無くなってしまうんだろねぇ~。

遠くからながめると、松林に多くの鶴が屯(たむろ)しているように見えることから
「屯鶴峯」(どんづるぼう)と名付けられたそうです。
鶴はやがて飛び去って行くんですねぇ~


P3180189a.jpg
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aquaawajiya.blog121.fc2.com/tb.php/225-205542c1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

当店ホームページ

検索フォーム