Entries

コケッコケコケの話

どうも、火曜日のちゃんぽんです。
今日はどうやら「ナイスの日」らしいですね
713 で な・い・す みたいなんですが
なんかもう意味がわかりません!ナイス!

先日、妻が京都のお寺にいってきたらしくコケの写真を
デジカメにおさめてきていたのですが綺麗だったので拝借して
貼ってみようかと思います。
s-IMG_2559.jpg
石の並べ方は水槽にも通ずるものがありますよね
s-IMG_2571.jpg
木陰っていいですよねー
あ、でも毛虫がおちてくる季節はいやです!
s-IMG_2561.jpg
s-IMG_2568.jpg
s-IMG_2575.jpg
s-IMG_2563.jpg

って、何ていう場所なのか聞くのを忘れてしまいました。

植物がびっしりうまっているのってなんかステキですよね。
そういうのって水槽のグロッソスティグマやキューバパールグラスが
ジュウタンになっていくのが楽しかったりする感覚だと思うんですよ。
なんか安心するというか心が落ち着くというか、ワクワクするというか・・どっちやねん!


その昔、藤原定家は静寂な場所に生える苔をこう例えました。

立ちかへり 思ふこそなほ かなしけれ
名は残るなる 苔の行方(ゆくえ)よ

(訳)思い返すと悲しいことだ
名は残せても、人は死んでしまう。


と。コケは古くから人の生活にかかわり、人の心を動かしてきました。

田舎にすんでいるときはコケってものが
あたりまえで何にも思わなかったですが
大阪に住んでいるとコケや植物が自由にのびのび生えているところって
本当に少ないですよね、それはまた空き地に雑草が生えているのとは
違う感覚だと思います。
緑がある生活って、やはり精神的に違うと思いますね。

ああ、とにもかくにも最近じめじめ暑すぎです。
ひんやりした山奥にいきたい・・・
では今週はこのへんでドロン!です!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aquaawajiya.blog121.fc2.com/tb.php/276-92765bd6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

当店ホームページ

検索フォーム